アニメトレンドインフォ

神原駿河 – Wiki物語

Wiki物語より

chara_suruga

   人物紹介

スポンサードリンク

ヒロインの一人。旧姓、臥煙駿河。
暦の一つ下の学年で、直江津高校のスター的存在。
かつてバスケットボール部に所属し、その身体能力の高さからチームを全国大会にまで導く。
自らを変態と自負し、かつ百合(レズ)である。
左腕に怪異を残す、変態系スポーツ少女。
家事全般が苦手で自室はゴミ屋敷のように汚れており、月に2回暦に掃除してもらっている。
賭け事にはめっぽう弱い。

 

  家族構成

父方の祖父、祖母との3人暮らし。
母親(臥煙遠江)と父親は駿河が幼いころ、交通事故にて他界している。
叔母(母親の妹)である臥煙伊豆湖も登場する。

 

  怪異エピソード

レイニーデヴィル
事故で亡くなる前の母親から託されていたミイラの左手。何でも願いを3つ叶えてくれるアイテムであった。
転校したばかりの駿河はクラスに馴染めず、一人浮いていた。
そんな中での運動会、駿河はそのミイラに「足が速くなりたい」と願う。
翌日になり起きたことは、一緒に走るはずのクラスメイトが全員何者かに襲われて欠席という事態であった。
それ以降、駿河は自分よりも足の早い人間を作らぬよう自分の能力を高めるべく努力した。
中学時代にはバスケ部のスターとして、陸上部のスター・戦場ヶ原ひたぎとの交流を深める。
その後高校に進学し、再会したひたぎは怪異により変わり果てており、こっ酷く拒絶される。
関わらないことで自分を保っていた駿河だったが、ひたぎの隣にいる暦を目撃したことで自分を抑えられなくなり再びミイラに願う。
”戦場ヶ原先輩の隣にいたい”と。
その裏の願い”阿良々木暦をぶちのめしたい”という願望に沿い、暦を襲撃。
ひたぎの登場により暦は死なず、結果的に駿河の願いは成就するも左腕の猿の手はそのままである。

 

  それぞれの関係性

スポンサードリンク

阿良々木暦
高校の先輩。駿河は「阿良々木先輩」と呼ぶ。
憧れの先輩・戦場ヶ原ひたぎの彼氏であり、恋敵とも呼べる存在だった。
しかしひたぎとの関係が修復された後は、ひたぎ同様に尊敬と憧れの対象である。
もしもひたぎと出会う前に暦と出会っていれば、付き合っていたかもしれないと互いに思うほど仲が良い。
部屋の掃除をしてもらっており、暦を嫁にしたいと言うほど頼りきっている。
暦からの愛称は「神原」。

戦場ヶ原ひたぎ
憧れの先輩。駿河は「戦場ヶ原先輩」と呼ぶ。
中学時代からの先輩で、二人合わせて”ヴァルハラコンビ”と呼ばれていた。
恋愛的な意味で好意を寄せており、ひたぎの言うことは絶対。
ひたぎからの影響を多大に受けており、言動や変態性はそこからである。
ひたぎからの愛称は「神原」。

 

  名言・迷言・面白やりとり

随時更新中。


ランキング参加中ポチッとお願いします。

関連記事

  1. 阿良々木暦 – Wiki物語

  2. 戦場ヶ原ひたぎ – Wiki物語

  3. 八九寺真宵 – Wiki物語

  4. 羽川翼 – Wiki物語

  5. 「戦場ヶ原、蕩れ」 – Wiki物語

  6. 千石撫子 – Wiki物語

おすすめ記事

  1. 〈物語〉シリーズ最新作・結物語 ネタバレ感想 5年後のみんなはどうなっている?
  2. 老倉育の魅力 阿良々木暦の幼馴染、どうしてこんなに嫌いなのか?そして別ルートで老倉さんは…?ネタバレあり
  3. お気に入りアニソンランキング!〜テンション上がる曲編〜
  4. 劇場アニメ「聲の形」2016年秋公開 京アニ制作 いじめ問題に向き合う少年少女の物語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケート

ページ上部へ戻る